IT関連の仕事が華やかに見えるのはなぜ

IT関連の仕事は、実際は精密で繊細な機器類と向き合うために非常にストレスがたまる上に、ほかの人が仕事をしないよう時間帯に仕事をしたり、呼び出しがかかったりすることもある非常に過酷な仕事といえます。
そのため、IT関連の仕事についてもやめていく人も多く、慢性的な人材不足に陥っています。

慢性的な人材不足がさらに働いている人たちの労働環境を悪化させるという悪循環に陥っているとも言われています。
そういった苛酷な労働環境の割りにもらえる収入はほかとはあまり変わらず、労働に見合っていない収入がさらにこの仕事を過酷にさせているのです。

しかし、そういった悪い労働環境であることを知っているのは業界で働く人たちばかり。他の職種から見ると何となく華やかな仕事のように見えるようです。
IT関連の仕事が華やかに見えるのはなぜなのでしょうか。

一つは、ほかの職種とはたらく時間帯が違うという点です。
ITの機器のメンテナンスなどではたらく人たちは特に、IT機器の利用者が一番少ない時間帯を狙って仕事をしなくてはいけません。
当然夜中などの作業が多くなります。
そういった時間帯に働いているということはあまり感じないので、労働時間が少ないのに自分たちと同じ収入があると思われているのです。

また、IT関連の仕事はメンテナンスなど直接機器に携わる仕事以外の人たちは、服装や労働時間が自由という職場もあります。
そういった点で、征服や作業服と服装が決められている職場から見るとかなり華やかな印象があります。
専門的な知識や技術の必要な割には求人を見てみると、無資格未経験者歓迎という求人も多いです。
専門的な分野の仕事は通常資格がないと働けない職場も多い中でこのような待遇があるのも華やかに見える原因のひとつでしょう。

今や私たちの生活にITは無くてはならないものになりました。私たちの快適な生活を支えているのは、多くのITエンジニアたちです。彼らの日常は、私たちが想像しているより遥かに過酷なものです。ITに興味がある人、駆け出しのエンジニアの卵、ITエンジニアについてよく知らない人・・・そんな人に見てもらいたいサイトがあります。【エンジニアライフカタログ】あなたが思い描いているITエンジニアの姿とは違う姿が、ここにはあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です