IT業界でも重要視される人柄

IT業界の仕事はただITの機器と向き合った仕事だけではありません。
ユーザーとコミュニケーションを図って故障などの原因を図ったり、開発した機器を顧客にセールスに回ったり、IT関連といっても人と交わる仕事が実に多いのです。

技術者達だってただ黙々と機械相手に仕事をしているわけではありません。
同じ技術者同士打ち合わせしたり、コミュニケ-ションを図っていかなければ円滑に仕事を進めていくことはできないのです。

企業側として職員を採用する場合、仕事のスキルや資格、職歴なども重要視されますが、実は意外なところで人柄が重要視されています。
いくら技術がすばらしくても、人とコミュニケーションが図れなかったり、相手を不愉快にさせてしまったりする場合は仕事としては成り立ちません。
いくら高度な技術を持っていても人柄が悪いと業績にはつながらないことが多いのです。
同じ職場内でも人柄が悪い上司についていきたいという部下はいないでしょう。
こういったコミュニケーションはちょっとした努力である程度は改善できるでしょう。

しかし、問題なのは意外とメールです。
メールはあまり気にしない人が多い分、隠れた人柄が出やすいのです。
メールを相手に送る場合には、言葉の言い回しが間違っていないか、誤字や脱字がないか、ふざけたような砕けた文面になっていないかなどをチェックして送信するようにしましょう。
人柄のよさである程度技術面をカバーすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です