IT関連の資格の種類

IT関連の仕事につくのに特に必要な条件はないところが多いです。
しかし、ITに関する興味は少なくても持っておいたほうが良いでしょう。
IT関連の仕事は専門的な用語や知識、技術などを必要とする仕事が多いですから、少なくともITに関する興味がなくては働くことはできません。

しかし、興味だけで働ける仕事でもありません。
無資格、、未経験でも良いとはいえ、専門的な知識や用語が頭に入っていなければ、仕事の内容がまったくわからないまま終わってしまいます。
IT関連で長く仕事をしたいと考えるのであれば、専門的な知識や技術は事前に身につけるか、仕事しながらでも積極的に身につけたいものです。
専門的な知識や技術がどの位身についているのかは、資格が物差しになります。

どの仕事でもそうですが、資格を持っていることでその資格のレベルの知識や技術を習得しているとみなされるからです。
ではIT関連の資格にはいったいどんなものがあるのでしょうか。
・技術職
IT関連でも修理や製作など技術に関する仕事につきたい場合にはITパスポートという資格があります。
ITパスポートは世界的な基準に基いてレベル1の基本的なレベルからレベル7の上級者クラスのレベルまであります。
技術職に尽きたいけれどどんな資格を取ったら良いのか分からないという人はまずITパスポート私権から受けてみると良いと思います。
他にもJ検と呼ばれる情報処理検定試験などがあります。

・システム設計、管理者
ITシステムを設計したり管理したりする仕事につきたい人は「応用情報法技術者」や「情報セキュリティスペシャリスト」、「ITサービスマネージャ試験」などといった資格があります。
いずれもITシステムの管理方法や情報処理の応用技術などを問われる試験です。

・プロジェクト管理者
ITのプロジェクト全体を管理する仕事です。
プロジェクトマネージャーという資格があります。
そのほかにもプログラマーやウェブデザイナー、ユーザーサポートなど仕事に応じた資格があります。
自分が就きたいと思った仕事にはどんな資格があるのかについて調べて見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です